go gin で Let's Encrypt の証明書で https

ドキュメントそのままなのですが、本当にこんなコードで https: で ping が開けたのでびっくりしました

package main

import (
	"log"

	"github.com/gin-gonic/autotls"
	"github.com/gin-gonic/gin"
	"golang.org/x/crypto/acme/autocert"
)

func main() {
	r := gin.Default()
	r.GET("/ping", func(c *gin.Context) {
		c.JSON(200, gin.H{
			"message": "pong",
		})
	})

	m := autocert.Manager{
		Prompt:     autocert.AcceptTOS,
		HostPolicy: autocert.HostWhitelist("midomain.com", "tako.midomain.com"),
		Cache:      autocert.DirCache("/var/www/.cache"),
	}

	log.Fatal(autotls.RunWithManager(r, &m))
}

これを a.go として、go build a.go して sudo ./a で本当に listen してくれました。何がすごいって証明書のありかどこにも指定してないのによしなにさがしてきてくれるんですよね

こういうライブラリに出会うと「かしこいなー」ってちょっと感動します


Last Updated: 7/4/2020, 2:24:03 AM